9~10ヵ月の赤ちゃんの様子ってどんなの?

Pocket

9~10ヵ月の赤ちゃんの様子

表情

好奇心にあふれている時期です。

探索行動をしながら、びっくりしたり大喜びしたりと感情表現が豊かになり、表情も様々です。

 

足・腰

下半身をコントロールする力がついてきます。

足の裏を地面につけて、腰を高く上げるはいはい(高ばい)や、つかまり立ちをするようになります。

ちなみに、うちの子はここまで行きませんでした。

9ヵ月中ごろに、初めてハイハイをしました。

 

指先が一層器用になります。

親指と人差し指で、小さなものをつまむことができるようになります。

反面、ボタンなどの誤飲も増えるので注意が必要です。

 

つかまり立ちし、手の動きもコントロールできるようになります。

自由自在に配はする子がふえ(うちの子はこの時期にハイハイをはじめましたが)、興味があるところへはどこへでも移動します。

下半身や足の随意運動が可能になり、おすわりの姿勢からつかまり立ちができる子も出てきます。

手の動きからは、だんだんとぎこちなさが抜けて、細かい作業がスムーズにできるようになります。

つかまり立ちをする

四つん這いで動き回る

物を打ち合わせる

 

五感

指先がさらに器用になり、リズムを取る子も

指の機能がさらに発達します。

それまでのわしづかみから、指先で小さなものでもつまめるようになってきます。

離乳食の時は、自分でスプーンを持ちたがり、手づかみ食べをしたがったり、自分で手を使いたがります。

音にも便移管になり、音楽を聴くと体をゆすってリズムに乗る子が多くみられます。

 

指しゃぶりをする

音に合わせて体をゆする

手づかみ食べをしたがる

 

後追いをし、声や手、指差しをします。

人見知りだけでなく、あと追いも激しくなるころです。

ママの姿が見えないと、泣いてしまいます。

また、簡単な言葉なら理解できます。

大人に自分の意志を知らせるように声を出したり、手や指で示したりします。

人のすることを見て、マネをする様子も見られます。

周囲の人への関心がさらに高まったためと考えられます。

 

欲しいものを指さす

バイバイなど、大人のマネをする

後追いが激しくなる

 

9~10ヵ月の赤ちゃんQ&A

Q:うつ伏せが嫌いで、ハイハイをしない

おすわりができているなら問題ありません。

そのうち「動きたい」という欲求が生まれ、ハイハイを始めることもあります。

ハイハイをとばして、つかまり立ちをする子もいます。

ハイハイしないからといって、特に心配する必要はありません。

 

Q:ハイハイをするのを促す方法は?

触ると動くおもちゃや、電池で動くおもちゃを試してみましょう。

「動くおもちゃに触りたい」という欲求を赤ちゃんに感じさせてみましょう。

そのために、動くおもちゃがオススメです。

相手が動くため、触るには自分も動かなければなりません。

ただ、怖がったり、びっくりしたりしていないか、注意しましょう。

 

Q:ハイハイに適した床は?

クッションマットがおすすめです。

フローリングの床は滑りやすくて、ハイハイしにくいようです。

クッションマットを敷いたり、ラグを敷いたり、滑りにくい床を作りましょう。

 

Q:朝方のおしっこの色が茶色く、においもきつい。

病気ではなく、腎臓がはたらいた証拠です。

血液中の老廃物は、腎臓の糸球体でろ過され、原尿(おしっこのもと)になります。

その後、尿細管で、ろ過した尿から体に必要な物質を再びくみ上げ、尿を濃くします。

新生児の頃はこの尿を濃縮する機能が未熟なため、尿が薄くなりがちです。

濃いおしっこが出たのは、腎臓の機能が正しくはたらいたためなのです。

もし、赤ちゃんの様子が普段と違ったり、むくんでいるなどの症状があるならば、小児科へ行きましょう。

 

Q:髪の毛が薄いのが心配

2才ごろまでには増えます。

髪の毛の生え方は個人差があります。

もし、全く髪の毛が生えていなければ問題ですが、そうでなければ心配ありません。

「髪の毛を全部切れば、たくさん髪が生えてくる」ということをたまに聞きますが、迷信です。

気を付けるべきは栄養の偏りです。

そうでないならば、2才頃まで様子を見ましょう。

そのころには髪の毛の悩みは解決しているはずです。

 

まとめ

9~10ヵ月の赤ちゃんについてまとめてみました。

うちの子はこの時期にようやくハイハイをし始めました。

かなりぎこちなく、ゆっくりなハイハイですが,,,。

 

以前からも述べているように、子どもの成長には個人差があります。

成長の度合いについては心配しすぎず、健康面に気を使ってあげるべきだと思います。

 

私は離乳食のメニューや量、風邪をひかないように人混みを避けるなど、気を付けています。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

子育ては本当に大変ですが、お互いに頑張りましょう。

 

またよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました