『マツコの知らない世界』で紹介された絵本【くだもの】の読み聞かせをしてみたらすごく食いつきがよかった

絵本
Pocket

マツコの知らない世界』で紹介された【くだもの】

みなさん『マツコの知らない世界』でも紹介された絵本

 

『くだもの』

 

をご存じでしょうか。

きれいなタッチで描かれた絵本で、

思わず子どもが手を伸ばすと紹介されていましたが、どうなんでしょうか。

 

とても気になったので試してみました。

 

「くだもの」を子ども(10ヵ月)に読んでみた

とにかく、絵がきれい!

まるで本物がそこにあるようです。

 

子どもも思わず手を伸ばしていました。

絵には著作権があるので、スタンプで隠していますが、イチゴやスイカなどの果物があります。

ペタペタと絵本を触りながら、時々つまもうと指を曲げてみたり、

本物がそこにあると思っているようです!

 

番組でも、子どもが思わず手を伸ばし、食べたくなる。

というように紹介されていましたが、

 

まさにその通り!

 

本に手を伸ばすことはあまりしない子ですが、この本はどのページでも、そこにある果物をつかもうとします。

 

ちなみに、フォークの角度や向きまで計算されているそうですよ。

 

これは面白い!!

 

番組で登場されていた主婦の内田早苗さんいわく

・絵本はしつけには向かない

・絵本はただ楽しいものである

・子どもにとって声こそが最大の魅力である

・絵本の読み聞かせは、子どもの記憶によく残る

 

とのことです。

 

うん、私も毎日絵本の読み聞かせを使用と心がけていますが、内田さんの話を聞いて、もっと頑張ろうという気になりましたね。

 

「くだもの」以外にもいくつか本を紹介されていましたので、それもいつか読んでみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました