ベビーベッドを購入する際の注意点

ベビー用品
Pocket

ベビーベッドについて知ろう

そもそもベビーベッドは必要なのか

 生まれたばかりの赤ちゃんは「ねんね」「ミルク」の繰り返しです。

 ちょっとした音や振動で起きてしまうこともあるので、ベビーベッドで赤ちゃんの眠るスペースをしっかり確保してあげることは非常に大切です。

 赤ちゃんにとって眠りはとっても大切。眠るスペースを確保するためにも、ベビーベッドの購入を検討する価値は十分にあります。

 

安全基準の2つのマークを確認

 2つのマーク、それは「SG」「PSC」マークです。

「SG」マーク

 乳幼児用品や家具などを対象にして、一般財団法人安全協会が定める安全基準をクリアしたことを証明するマークです。

 

「PSC」マーク

 国が定める安全基準をクリアしたことを証明するマークです。

 

日本製のベビーベッドを購入の際は、この二つのマークがあるかきちんとチェックしましょう。海外製品の場合は、海外の安全基準で作られている可能性があるので、そちらもチェックしましょう。

 

ベビーベッドの大きさ

 ベビーベッドにはレギュラーサイズとミニサイズ2種類の大きさがあります。

 お部屋の大きさに合わせてどちらを購入するか考えましょう。

 どちらも最長2才(24か月)まで使用可能になってます。

 

レギュラーサイズ

 大きさは120cm×70cmで、敷布団に対応したサイズになっています。

 おそらく多くの人はこちらを購入するのでは?と思います。

 メリットは、赤ちゃんが寝がえりをしても、ぶつかったりしないだけの大きさがあることです。

 デメリットはベッドの置き場所に困ることです。

 

ミニサイズ

 大きさは90cm×60cmと小さいため、置き場所に融通が利くうえ、部屋から部屋への移動も楽です。

 ただサイズが小さいため、寝返りができるようになってくると、少し窮屈に思えるかもしれません。

 

レギュラーサイズかミニサイズどちらがよいか

 これはご家庭の状況によります。

 私は子どもが大きくなっても使いたいのでレギュラーサイズを購入しました。

 ミニサイズは確かに場所はとらないけれど、狭いかなという印象を受けました。

 あと、ベッド下の収納スペースもあると便利です。

 

ベビーベッドはいつまで使える?

 レギュラーサイズもミニサイズも最長2才(24か月)まで使用することができます。

 ただ、寝返りができるようになってきたらベッドでは狭いということもありえます。

 少なくとも寝返りができるようになる6~7ヵ月までは使うことになるでしょう。

 

ベッドは購入かレンタルか

それぞれのメリット

 

購入する場合のメリット

 新しいものを使える

 特に初めての子には、新品できれいなものを使わせてあげたいと考えるお母さんも多いでしょう。

 清潔ですし、最大のメリットはこれであると思います。

 

レンタルのメリット

 使わなくなったベッドの置き場所に困るという話はよくあります。

 レンタルなら返せばよいだけなので、その後の置き場所には困りません

 

値段

 

 購入とレンタル、どちらが金銭的にお得なのでしょうか。計算してみました。

 

ベッドを購入

  値段はピンキリです。ネットやお店で色々調べましたが、15,000円~45,000円(税込)くらいでした。かなり幅がありますが、大きさや機能をよく見ましょう。

 

ベッドをレンタル

 「かしてネッと」で料金を見てみました。大体1ヵ月あたり2,000円~3,000円(税込)でレンタル可能です。

 仮に1年間ベッドをレンタルするとなると24,000円~36,000円(税込)という結果になります。

 しかも「かしてネッと」では6か月以上のレンタルで40%OFFとなりますので、14,400円~21.600円(税込)です。

 あくまで1年間のレンタルですが。

 2年間となると28,000円~43,200円です。

 

【結論】購入とレンタルどっちがお得?

 ネット上でも意見が分かれていましたが、私は購入のほうが良いと考えます。

 2年間使用した際に値段はほぼ同じくらいになる上に、二人目を考えたときに断然お得になるからです。

 それまで置き場に困るというデメリットも確かにありますが、それを差し引いても、購入のほうがメリットが大きいと私は考えます。

 

おしゃれなベビーキッズ用品のセレクトショップ【I love baby(アイラブベビー)】

 

恐怖!ベビーベッドの事故

 ベビーベッドを使用した際の事故で過去にニュースになったものを一つ紹介します。

 それは、ベッドの収納扉が不意に開き、乳児が窒息するという事故です!

 国民生活センターのHP(http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20191115_1.html)でも注意喚起されていますので、確認しておく必要があります。

 これは本当に怖い。

 

その他、購入時に注意したいポイント

 収納スペースの確認

 収納スペースがあるととっても便利です!ただ、ベビーベッドの事故でも紹介したことが起こりえますので、扉はしっかり閉めましょう。

 

 分解した際の大きさ

 レンタルされる方には関係がありませんが、使わなくなったベビーベッドがコンパクトにたためると便利です。ミニベッドにはワンタッチで折りたためるものもあります。

 

 キャスターがあるか

 キャスターがあるほうが、、部屋の中を移動させやすいです。掃除の際、ベッドを動かすの時も便利です。

 

まとめ

 ベッドについて、私なりに考えをまとめてみました。

 私自身はレギュラーサイズを購入しましたが、ベッドも「これが絶対正解!」というものはありません。

 部屋の大きさなど、よく考えて購入(またはレンタル)しましょう。

 ここまで読んでいただきありがとうございました。

 またよろしくお願いします。

 

おしゃれなベビーキッズ用品のセレクトショップ【I love baby(アイラブベビー)】

タイトルとURLをコピーしました