algo(アルゴ)

おもちゃ
Pocket

algo(アルゴ)とは

 「アルゴ」をご存じですか?

 頭の良くなるゲームという売り文句で話題のゲームです。

 

 ゲーム大好きな旦那が買ってきました。

 

 白と黒のカードがあり、それぞれ1~11まで数字が書かれています。

 そのカードをごちゃ混ぜにしてプレイヤーに配り、相手の持っているカードの数字を当てるゲームです。

 最終的に相手のカードをすべてあてたほうが勝ちです。

 

 こういう頭を使うゲームは苦手なのですが、旦那は嬉々として喜んでいます。

 

 ちなみに対象年齢は書かれていませんが、小学校中学年以上くらいだと思われます。

 

 うちの子はまだ0才なのでもちろん遊べません。代わりに私が相手になって遊びましたが…負けました。

 

 こういうゲームは苦手です。

 計算とか、すごく苦手です。

ルール

 

人数:2人~4人

所要時間:15分~20分程度

 

はじめに

 黒と白のカードがあるので、全てごちゃ混ぜにして4枚ずつ配ります。相手にカードの数字を見せてはいけません。それらを下のルールに従って並べます。

 数字の小さい順に左から右へ並べる。

 黒と白で同じ数字がある場合は、黒のほうが小さいとする。

 

残りのカードは山札として、中央に置く

 

 交互に山札からカードを1枚ずつ引いていき、相手のカードの数字を予想します。

 

 予想が当たった場合

  当たったカードを表向きにする。

  そして、さらにもう1枚のカードを予想することができる。または、山札から引いたカードを自分の陣地のカードに裏向きで加える。

 

 予想が外れた場合

  山札から引いたカードを表向きにし、自分の陣地に置く。その際に数字の順番を守らないといけない。

 

 この作業を繰り返し、先に相手のすべてのカードを当てたほうが勝ちとなります。

 

感想

 ルールはいたってシンプルだと思います。ただ、とっても頭を使います!

 そもそもこのゲーム、算数オリンピック委員会の若杉英二氏を中心に、東京大学数学科の学生たち、さらに数学者ピーター・フランクル氏らが共同で開発したものだそうです。

 

 アルゴのホームページ(https://www.sansu-olympic.gr.jp/algo/)をみてみると、筑波大学付属小学校や大阪教育大付属池田小学校など、有名小学校の教材としても使用されているそうです。

 どうりで頭を使うわけだ。

 

 対象年齢はおそらく小学校中学年以上と書きましたが、幼児用の「はじめてのアルゴ」も売られています。(こっちを買ってきてほしかった)

 

 幼児以上のお子様がおられるママ、パパ、ぜひお子さんとアルゴで遊んでみませんか?

 しつこいですが、私は苦手です。ただ、とっても頭を使います。それは間違いありません。

 

 ここまで読んでいただきありがとうございました。

 またよろしくお願いします。

【関連記事】

 

タイトルとURLをコピーしました