学資保険は必要なし! すでに加入している人も考え直してみては?

雑記
Pocket

学資保険とは

学資保険(こども保険ともいう)は、子どもの学資金を準備するための貯蓄型の保険です。

毎月決まった額のお金を払い、決まった時期(子どもの小学校や中学校の入学時期など)に、お金を受け取る保険です。

お金は支払総額よりも多くもらえることがほとんどですが、その返戻率は高くても110%を上回ることはまずありません(私の調べた限りでは)。

しかし、医療保障などの特約を付けると、返戻率は100%を下回ることもあります

 

では、学資保険に入るメリットとは何でしょうか。大きく二つあります。

 

1.返戻率

 

2.親が亡くなった場合は保険料払い込みが免除される

 

この二つです。

 

返戻率とは

 保険会社に払い込む総額に対して、将来受け取れる金額がどの程度かを示したものです。

 たとえば、返戻率が105%の場合、保険支払総額が100万円なら、満期でうけとれるお金が105万円になるということです。

 入る時期や支払期間、毎月の支払額でその返戻率は変わってきます。

 

 返戻率は随時変更されているため、各リンク先で確かめていただきたいのですが、大体下の表のようになっています。

 

返戻率

保険会社名とその内容

104.03%

日本生命保険「ニッセイ学資保険こども祝金なし型」

(https://www.nissay.co.jp/kojin/gakushi/index.html)
【支払総額例】

2,883,600円(=月13,350円×12ヶ月×18年)

【受取総額例】

3,000,000円

【受取方法例】

子どもが18才(100万円)・19才(50万円)・20才(50万円)・21才(50万円)・22才(50万円)のそれぞれの時点で、分割して受け取り。

【払込期間】

18年

【保険期間】

22年

103.41%

住友生命保険「スミセイのたのしみキャンパス」

(http://www.sumitomolife.co.jp/lineup/select/shouhin/tanocan/)

【支払総額例】2,900,880円(=月20,145円×12ヶ月×12年)

【受取総額例】3,000,000円

【受取方法例】子供が18才(100万円)・19才(50万円)・20才(50万円)・21才(50万円)・22才(50万円)の時点で、分割してそれぞれ受け取り。

【払込期間】

12年

【保険期間】

18年

 

どうですか?

日本生命を例にすると、18年間お金を払い込んで、増えるお金はわずか12万円程度です。

1年あたりだと、約6,600円程度です。

これくらいなら節約で何とかなりそうですよね?

わざわざ保険会社にお金を払う必要はありますか?

支払う総額は288万円となっていますが、12万円のためにこのお金を保険会社に払うということです。

ほかにもっと良いお金の使い道があると思えませんか?

 

保険料の支払い免除

 保険会社によって内容は多少異なりますが、おおむね以下のような条件の際に、支払いが免除されます。

 

1.契約者が保険料払込期間中に死亡したとき

2.契約者が、保障が始まる日以後の病気・ケガを原因として所定の高度障害状態になったとき

3.契約者が、保障が始まる日以後に発生した不慮の事故によって180日以内に所定の身体障害状態になったとき

 

  確かに、上のような状態になったとき、子どもの将来の教育資金は心配事の一つです。

  支払いが免除され、かつ約束されたお金がもらえるとなると、万が一の時にも安心です。

 

 でもこれ、親の死亡保険にすれば解決しませんか?

 死亡保険となると、受け取れる金額も桁違いです。

 

 私にはどうも、保険料の支払い免除は魅力とは思えません。

 

 

保険会社に騙されるな

子どもが生まれると生活スタイルが一変します。

不慣れなことも多く、非常に忙しい毎日です。

 

そんなバタバタしているときに、複雑な保険の話をされて、かつ、「早くはいらないと返戻率も悪くなるので損しますよ」みたいなことを言われ、よくわからないまま保険に加入させられてしまいがちです。

 

言うまでもなく、子どもの学資金は非常に大事です!

よく考える時間も与えられないまま、うやむやにされて、変な学資保険に入れられるようなことは避けなければなりません。

 

そのためには、情報を集め、保険について勉強するしかありません。

 

インターネット上でも様々な情報があり、勉強することはできますが、時間のない時は専門家に聞くのが一番です。

知り合いにFP(ファイナンシャルプランナー)の方はおられませんか?

もしおられるのであれば、ぜひ相談すべきです。

 

 

もし、身近にFPの方がおられなくても、相談窓口があるので、ぜひ相談すべきです。

もちろん無料です。

私も自身の保険と、旦那の保険も合わせて相談させていただきました。

 

結果、月々の支払いが安くなったばかりか、さらに良い保険を紹介してもらえました。

 

「一度話を聞いてしまうと、保険に入らないと申し訳ない」みたいなことを言う人がいますが、そんなことはありません。

保険が気に入らなければ入らなければいいだけです

 

いかに、無料で相談できる保険相談センターのリンクを貼りますので参考にしてみてください。

 

ご自身の都合に合わせて、日時場所を選べまる。保険の無料相談なら『FP無料相談』はコチラ

 

私も、FPの方に相談させていただき、様々なアドバイスをいただきました。

それで、当初考えていた学資保険プランをやめる決断をしました。

 

まとめ

学資保険は必要なし。

10年以上かけて10万円そこそこのお金しか増えないのであれば、そのお金はほかに回し、かつお金を増やすことが可能。と私は考えます。

皆さんはどうお考えでしょうか?

保険についてはまだまだ書きたいことがあるので、他の記事でも書いていきたいと考えています。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

またよろしくお願いします。

 

ご自身の都合に合わせて、日時場所を選べまる。保険の無料相談なら『FP無料相談』はコチラ

 

ほけんのトータルプロフェッショナル

 

【関連記事】

タイトルとURLをコピーしました