立体四目ゲーム

おもちゃ
Pocket

立体四目ゲームについて

 このゲームをご存じでしょうか、平面で行う「五目並べ」はとても有名ですが、それを四目の立体バージョンです。ある日突然、旦那が買ってきました。

 平面とは違い、縦・横・斜めを意識しなければならないため、「空間認識能力」が養われます。対象年齢は6歳からなので、うちの子(まだ0才)には早すぎますが、旦那と遊んでいます。

 ルールもいたってシンプルなため、すぐに遊ぶことができます。

 「子どもが大きくなったら一緒に遊ぶ!」と旦那は意気込んできますが、あと6年も待たないといけません(笑)

 旦那はこういうゲームが大好きなので、よく勝負を挑まれます。

 基本的には負けますが、時々勝てます(笑)

 コツもだんだんとわかってきました。

ルール

 1.ゲーム代から、球をすべて外して、色ごとにわけます。

 2.じゃんけんで先攻・後攻を決めます。

 3.選考の人からスタート。交互に自分の球を棒にさしていきます。球を刺す

   位置に縛りはありませんが、すでにある球を動かしたりはできません。

 4.先に縦・横・ななめのいずれか一直線に、自分の球を4つ並べたら勝ち。

 おまけ:1手あたりに制限時間を付けるととても盛り上がります。

 

戦略

 初めは四隅を取る

  やはり四隅は縦・横・斜めを展開する上で重要になってきますので、初めは四隅を狙うのが良いです。

 

 二段目以降は中心の2×2マスの範囲を取る

 二段目からは真ん中の位置を取りに行くと、縦・横・ななめを取りやすくなります。一応、写真を載せます。

 

 必勝パターンをつくる

 二つ同時にリーチ(3つの並びを二つ)作ると、必勝パターンとなりますが、意外と難しいです。五目並べなら必勝パターンは4・4または4・3をつくるのがセオリーですが(3・3は簡単に作れるのでルール違反です)、立体四目ゲームはステージが狭いので、すぐに見破られます。

ちなみに一つの有名な必勝パターンはこれです。

カタカナの「フ」を作ります。

他にもいくつかありますが、探してみてください。

どんな力がつくのか

空間認識能力

 空間認識能力はかなり鍛えられます。特に斜めは見落としがちです。後半になればなるほど複雑になってきます。時間制限をつくるとより頭を使います。

仮説思考力

 相手の手を邪魔しつつ、自分の勝ち筋を見つけなければいけません。わかってはいるけれど、これが意外と難しい。

まとめ

 このゲームは本当におススメです。理由は、とにかくルールが簡単!かつ奥が深い!からです。文系の私も、理系の旦那も楽しめたので、万人ウケすることでしょう。

 旦那が言うように、子どもが大きくなたら一緒に遊んでみたいです。

 ちなみにうちの旦那、将棋やチェスなども持っています。私とやりたそうにしていますが、ルールが覚えられないので遊んだことはないです(笑)。哀れな旦那。子どもが大きくなったら教えてあげてね。

 ここまで読んでいただきありがとうございました。またよろしくお願いします。

 

【関連記事】

 

タイトルとURLをコピーしました