「しつけ」がうまくいく たった1つの大切なこと

教育
Pocket

「しつけがなかなかできない」と悩まれている方は多いと思います。

 でも「しつけ」をするために必要なことは何でしょうか。

 私は「しつけ」で大事なことは「信頼関係」であると考えています。

 信頼関係がないと、叱られても反省はしませんし、互いに不快な気持ちを残すだけです。

 「叱る」にしても「褒める」にしても、信頼関係を気付くことが大前提にあると私は考えます。

 そう、たった1つの大切なことは「信頼関係」です。

信頼関係を築くために気を付ける3つのポイント

 1.子どもの思いを受け入れる

 まずは子どもの思いを受け入れましょう。たとえそれがいけないことでも、まずは受け入れ、次にダメならダメと、理由をちゃんと説明しましょう。

 些細な要求でもまずは耳を傾け、子どもの思いを受け入れましょう。

 2.言葉で伝え合う

 相手の気持ちを察する。というのはかなり高度なことです。

 大人でもなかなかできません。まして子どもであればなおさらです。

 自分の考えや思いはきちんと言葉で伝えましょう。また、子どもの思いも「〇〇だよね?」と決めつけずに、きちんと自分の言葉で説明させましょう。

 お子さんが幼い時は難しいかもしれませんし、言葉にするのに時間がかかるかもしれません。

 それでも、じっくりと時間をかけて、子どもの思いを聞くことが大切です。

 3.愛情をそそぐ

 愛しい我が子にできる限りの愛情を注ぎましょう。

 言葉で「好きだよ」と伝えるのも、もちろんOKです。

 つねに心の中に「大好き」の気持ちを持ち続けましょう。

 それは「叱る」ときもそうです。

 どんな時も「大好き」という気持ちを忘れないように。

 子どもは無意識に親の心を感じ取ります。愛情をもって接すれば、それは必ず子どもに伝わります。

 少し時間はかかるかもしれませんが、少しずつ信頼関係が築けるでしょう。

 信頼関係が築けず悩んでいるとき

 育児において悩みはつきものです。

 私も悩みは尽きません。

 でも、それはみんな同じです。悩みがないように見えていても、みんな悩みを持っているものです。

特に、子どもとの信頼関係という見えない悩みは、なかなか解決が難しいものです。

ここで1つ、面白いサービスを見つけたので紹介します。

それは「しつけ鬼」が家に来てくれるというものです。子育てのお悩みを、鬼が解決します。

何だそれは!?って感じですよね?

簡単に紹介します。

 「しつけ鬼」とは

「親から守られる安心感」を何より大切にするサービスです。

先にも書きましたが、「しつけ」をするうえで大切なことは「信頼関係」です。

その「信頼関係」を築くために、一芝居しようというのがこのサービスです。

内容は、

1.しつけ鬼の登場

 しつけ鬼が家の扉をドンドンとたたき、家に入ってきます。

 もちろん、子どもはパニックになります。

2.しつけ鬼が迫ってくる

 「悪い子はどこだー」と叫びながら、しつけ鬼が子どもに迫ります。

3.ママの登場

 子どもの不安が和らぐように、ママは「だいじょうぶ」と声をかけながら子どもを守ります。

 ここがとっても大切。きちんと子どもを守り、子どもに「安心感」を与えましょう。

4.説教

 「好き嫌いしていたらまた来るぞ!」と、悩み事についての説教があります。

 子どもから「ごめんなさい」の言葉が出れば、鬼は静かに去っていきます。

というものです。

 似たようなアプリがあるのでは?

 そう、鬼が電話をしてくるというアプリがあります。

 子どもが悪さをしたときにアプリを起動し、鬼に説教をしてもらうアプリです。

 実際、私の友人が使っています。

 ただ、このアプリの欠点は、ただ子どもに恐怖心を与えるだけで、親との信頼関係が築けないという点です。

 信頼関係がないと、その場の問題は解決しても、これから先、また同じことを繰り返してしまいます。

 私の友人がそうでした。子どもが悪さをするたびにアプリを起動していましたが、対処療法にしかなっていないと感じました。

 この「しつけ鬼」であれば、「親が子を守る」という、アプリではない部分があります。

 そういう点で、このサービスは意味があると考えます。

 対象年齢は3歳~6歳です。さらに地域も東京23区とその近郊となっているので、他府県の人は利用しづらくなっているのが残念ですね。

おまけ

 ちなみに、たまに東京で鬼が仕事をしていて、見かけることがあるそうです。笑

 なんと見つけたら割引サービスがあるそうです。

 正直、通報されないのか心配ですね(汗)

感想

 なかなか面白いサービスもあるのだなと思いました。

 東京に行く機会がたまにあるので、鬼探しでもしてみようかな^^

 ここまで読んでいただきありがとうございました。

 またよろしくお願いします。



タイトルとURLをコピーしました