【オススメ用品】ベビーカーと抱っこひも、どっちがいいの?【抱っこひも編】

便利アイテム
Pocket

ベビーカーと抱っこひもどっちがいいの?とよくママ友の話題になりますので、私なりの意見を書いてみました。

 結論は、両方必要!使い分けが大事!です。

ここでは抱っこひもについて書いています。

抱っこひもの利点と欠点

抱っこひもの利点

 人が多い場所へ行く

 人が多いとベビーカーが邪魔になってしまう。でも、抱っこひもならそんな心配はなし。ただ、満員電車とかはさすがにきつい。そもそも満員電車には乗らないけれど。

 階段など、段差が多い場所へ行く

 ベビーカーだと段差を超えるのがつらいけれど、抱っこひもならその心配はなし。会談が多いところに行くときは抱っこひもが便利です。

 雨が降っている

 雨が降っているときは抱っこひもが便利です。傘もさせるし、赤ちゃんが濡れることもないので安心です。

抱っこひもの欠点

買い物で荷物が多い時

  赤ちゃんを抱えて、さらに荷物まで持つとなると、これは大変です。荷物が多い時はベビーカーがよいです。

 赤ちゃんの体重が重くなってきた

  小さい頃は大丈夫だったけれど、赤ちゃんが重くなってくると、やっぱりつらい。前抱きや後ろ抱きなど、自分が楽な抱き方を考えてみるとよいです。ちなみに私は、おんぶのほうが楽です。

抱っこひもの種類

 抱っこひもには、「キャリータイプ」「スリングタイプ」の2種類あります。

キャリータイプ

利点

  両手があく

  両肩にかけるため、肩や腰などの負担が少ない

  抱っこやおんぶなど、抱き方にバリエーションがある

欠点

  大きいものが多く、荷物になりやすい

  構造がやや複雑で、装着しづらい。着け方がわかりにくい

スリングタイプ

 利点

  コンパクトでかさばらない

  装着しやすい

 欠点

  片方の方にかけるため、体への負担が大きい

  基本的に片方の手がふさがってしい、両手が使えない

 

私のオススメの抱っこひも

私は、エルゴベビーの「OMNI360」を購入しました。少し値段は高かったですが、ベビーカーなどを譲ってもらったので、その分浮いたお金で奮発して買いました。対面抱きやおんぶ、前向き抱きなど、いろいろな抱き方ができ、首が座っていない新生児からでも使える仕様になっているため、大変便利です。

上に書いたように、少し大きくてかさばりますが、家の中では使わないので、常に車に乗せていて、必要な時に車から出して使用しています。

肩や腰のクッションがしっかりしていて、全然疲れません。とってもオススメです。

購入時の注意点

 通気性

 赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、通気性は確認したいところです。お店でいくつか確認しましたが、最近の商品はどれもよくできています。「スリングタイプのほうが通気性がよさそう」と思っていましたが、キャリータイプも決して悪くありません。

 大きさ

 よく持ち運ぶならスリングタイプがおすすめです。でも、最初から赤ちゃんを抱いていき、持ち運びする必要がないのであれば、キャリータイプが良いのと思います。

 価格

 どんな商品でもそうですが、価格は大事ですね。でも、頻繁に使うものだし、赤ちゃんに直接触れるものだから、多少高くてもケチるところではないと私は考えます。

【事件】抱っこひも外し

 2019年夏ごろにニュースになった「抱っこひも外し」。抱っこひものバックルを突然外されるという事件が複数回起こり、話題になりました。

一つ間違えれば赤ちゃんが大けがを負ってしまう卑劣な犯罪です。子を持つ母としては絶対に許されない犯罪です。

 対策としては弱いかもしれませんが、バックルにゴムを付ける方法やカバーを付ける方法があります。絶対に安全だとは言い切れませんが、念のため。

 それにしても、世の中にはとんでもない人がいるものです。

【まとめ】抱っこひもでお出かけ

 抱っこひもはやはり必需品だと思います。ベビーカーとの使い分けが重要です。初めにも書きましたが、段差や人が多い場所に行くならば抱っこひも、そうでないならベビーカーという使い方が合理的ではないでしょうか。

 小回りが利いて、フットワークが軽く動ける抱っこひも、雨の日は傘も差せるし、ベビーカーと違って、わざわざエレベーターを探す必要もありません。

私は肩や腰が弱いので、スリングタイプよりも負担が少ないキャリータイプを強くお勧めします!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

またよろしくお願いします。

タイトルとURLをコピーしました